その歯磨き大丈夫!?歯周病にならないための歯磨きの仕方

ポイントは歯ブラシの硬さ

歯ブラシにも最近は様々な種類があります。またそれらは硬さにおいても、柔らかいものから様々です。歯周病にならないための歯ブラシ選びには一つ「普通の硬さか硬め」を選ぶことです。なぜならば、歯周病の原因の一つに歯垢残りが挙げられます。例えば、こべりついた汚れをどう洗うか考えてみれば、気づくことができます。それは、柔らかいスポンジだと汚れは落ちない、ということです。それは歯においても同じ事です。しっかりと汚れは落とす必要があります。

磨き方は大丈夫?気をつけたい歯茎部分

どれだけ高いお金を払って、歯ブラシや歯磨き粉を購入しても、磨き方が出来ていなければ意味がありません。まず、歯ブラシはペンを持つように持ちます。そして歯茎の際に歯ブラシをあてたら、そこで注意が必要です。歯茎に直接歯ブラシはあてない事です。歯茎は弱く歯ブラシの摩擦に絶えれません。歯茎から歯の隙間にあてるように少し斜め角度で磨きます。この際、歯茎に対して斜め角度ではなく、歯に対して歯茎から斜め角度です。

健康な歯は毎日のケアから!

間違えた歯磨きの仕方では、健康どころか逆に歯周病を悪化させてしまいます。必ず正しい歯磨きの仕方を心がけます。最近では、隙間と奥歯の為に作られた歯ブラシなどもあり、併用しながら歯磨きをすることも出来ます。自分に合った歯ブラシや歯磨き粉を見つけ、生涯歯が健康であるように努めることは、生涯楽しい食生活を送れることです。美味しいものをたくさん食べ、満喫するためにも、一つ一つ積み重ねを大切にしていきたいものですね。

歯の根元部分を治療する根管治療は、通常の治療に比べて長い時間が必要になります。ですから、虫歯が重篤化する前に小まめに歯医者に診て貰うことが大切です。