どんなケア方法があるの!?ニキビ跡への対策について

ビタミンCを利用したニキビ跡対策

肌にできた傷や炎症、色素沈着などが原因でシミになってしまうのがニキビ跡なんです。なかなか治すのが難しいですが正しい治療法を知っておくと、改善を目指すことができますよ。まず赤みが残っているタイプのニキビ跡ですがビタミンCが配合された化粧水を使って肌をケアするのが大事です。皮脂を抑えてニキビが炎症するのを抑える効果がビタミンCにはあります。特に肌に浸透しやすいのがAPPSやリン酸などのビタミンC誘導体です。

ピーリングによるニキビ対策

茶色や紫色のニキビ跡を解消したいならば、ピーリングをしてみると良いでしょう。肌の古くなってしまった角質を落とすというケア方法です。茶色や紫色の色素沈着は治るまでに時間がかかってしまい、日焼けによって消えにくくなります。そのため、速効性があるピーリングが効果的です。スクラブやゴマージュ、シート状タイプなどいろいろな商品が販売されているので選んでみましょう。まずは肌への刺激が少ないタイプがおすすめです。

美容皮膚科でできる対策法

クレーター状になって陥没しているニキビ跡を改善するには時間がかかってしまいます。自分の力だけでケアするのは難しいので美容皮膚科も検討してみましょう。最新の治療法では治らないといわれていたニキビ跡も綺麗にすることができるので相談してみることをおすすめします。軽度のものならばケミカルピーリングなどが行われることが多いです。陥没した肌を綺麗にするための治療法としては、FGF治療や培養表皮移植などがありますよ。

ニキビ跡が目立つ場合、美容皮膚科などの専門的な医療施設において状況に合った治療を行う必要があります。